日本大学の会見で記者じゃない女性が乱入していたけどあの女性は誰?

みなさんこんにちは。

現在、日本大学、関西学院大学のアメフトの試合での反則についてかなり物議を醸していますね。

そんな中で、日本大学はかなり時期は遅かったのですが、記者会見を何度か開きました。

その記者会見の中でも、全然反省の色が見られない日本大学の監督や、立場をわきまえていない司会者など、いろいろな問題が出ています。

今回は、一番最新の会見で、記者ではない女性の方が乱入していたことがあったので、その方は誰なのか調査してみました。

Sponsored Link

今回の件のおさらい

以下、引用ではあるのですが、今一度どんな反則行為だったのか再確認していきたいと思います。

 一連の経緯を振り返りたい。5月6日、東京・調布市で行われたアメリカンフットボールの定期戦で、無防備だった関学大選手の背後から日大選手が激しくタックルし、関学大選手は全治3週間のケガを負った。当該日大選手はその後も反則を繰り返し、3度目の反則では相手選手を殴り退場となった。

                                         ウェジー参照

まず、この反則を見た感じ、かなり悪質な反則だということは明白ですよね。

無防備な選手に体重が100kg近い選手がおもいっきりタックルする。

これで全治三週間の怪我を負ったわけですから、もしこれがスポーツの試合という場でなければ暴行罪になってしまうのではないかと思ってしまうようなことだと思います。

また、この事件を受けて会見を開いたのですが、核心をつくような質問には一切答えず、このように世間を賑わせているというわけですね。

また、この反則をした選手というのは、アメフトで日本代表になれるような選手だそうですし、タックルを受けた選手も同じように日本代表になれるような選手だということです。

なぜ、これからアメフトを盛り上げてくれるであろう選手にこんな行為をさせたのでしょうか。

日本大学の監督はアメフト界の権威のような方だということですが、なぜそんな人が偉いポストについているのか甚だ疑問ですよね。

これからどういう証言が得られるのか、気になるところですね。

Sponsored Link

会見中に乱入してきた女性は誰?

最新の会見では、記者ではない女性の方が乱入するということが起きました。

女性は、「お前らがそんなんだから……」と、あまり聞こえなかったのですが、何かを訴えようとしていました。

会見をしているところに乗り出して何かを主張しようとしていたのですが、結局何かを主張する前に取り押さえられてしまいました。

ここからは推測なのですが、あそこまで何かを訴えようとしていたということは、今回の件に関わっている人の親族か何か。

あるいは、日本大学に恨みを持っている人間のどちらかだと思います。

一般の方なので、人物特定などはできないのですが、このような人物だろうなという推測だけここではしておこうと思います。

最後に

いかがでしたか?

今回は、日本大学の会見で記者じゃない女性が乱入していたけどあの女性は誰?と題して、日本大学の件についていろいろと考察してみました。

まだまだ世間を賑わせそうな感じなので、情報が入り次第、情報をお伝えしたいなと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です