廣津留すみれは努力の天才!ハーバード大学に合格する上で一番の秘訣とは

みなさんこんにちは!

世界で活躍している人、もちろん日本で活躍している人もそうですが、そんな人から学ぶことというのは非常に多いですよね。

今回ご紹介していく廣津留すみれ(ひろつるすみれ)さんは、音楽という自分の武器を最大限まで高めている素晴らしい方です。

ただ、この方は音楽だけではなく、学業も両立していて、あのハーバード大学を首席で卒業している方でもあるのです。

今回は、なぜハーバード大学という世界でもトップクラスの大学に入学できたのかというところにフォーカスしていきたいと思います。

Sponsored Link

廣津留すみれってどんな人?

まずは、廣津留すみれさんの経歴なども交えながら、簡単に廣津留すみれという人物をご紹介したいと思います。

  • 廣津留すみれさんは、高校3年生まで大分県大分市で育ってきました。
  • 高校卒業後、18歳の時に渡米し、4年間ハーバード大学で学び、首席で卒業後、芸術部門で世界大学ランクNO.1と言われるニューヨークのジュリアード大学院に入学し、そこでバイオリンを学びます。
  • 2018年にその大学院を卒業するのですが、卒業した時に音楽部門の最優秀賞を受賞しています。
  • 3歳から続けてきたバイオリンでは、世界的チェリストと何度も共演したり、ファイナルファンタジーシリーズのサウンドトラックにも参加したりと、24歳という若さでここまでの実績を積み上げています。
  • また、廣津留すみれさんは執筆も行なっており、日経カレッジカフェでの連載やジュリアード公式新聞のインタビュアーを務めたりと執筆方面でも活躍されています。
  • また、起業家という面では、ハーバード生による教育プログラム    「Summer in JAPAN」の設立・運営を行っており、ハーバード大学で養ったビジネスの考え方を生かして、これからニューヨークでビジネスを始めようとしているそうです。

簡単にこれまでの経歴をご紹介してみましたが、いかがでしたか?

正直、ここまで完璧な人間がいるのか!という驚きもありますが、起業や執筆といったマルチな活動をしていることもすごいなと思います。

さて、こういったマルチな活動ってマルチタスク能力が高いからできるものであって、時間の使い方が相当上手くないとできないものではないかと思いませんか?

本人が言っているのですが、こういったマルチタスク能力と呼ばれるものは、ハーバード大学で養った能力だそうです。

ハーバード大学は当然勉強が難しいですが、勉強だけでなく、廣津留すみれさんで言えば音楽もしなければいけませんし、その他の課外活動といったものもしないといけません。

そういったことを大学で過ごしている中でこなしていくことで、マルチタスク能力が養われていくそうです。

Sponsored Link

本人が語るハーバード大学に入学できた1番の理由とは?

ハーバード大学入学と聞いても、なんでそんな世界でもトップレベルに入るのが難しい大学に入れるのか理解できないと咄嗟に思ってしまいますよね。

ただ、ハーバード大学の入試というのは、日本の大学とは違って学力だけで測るものではなく、いろいろな要素を総合して測るものだそうです。

以下の5つがその要素です

  1. この人物は大学が信頼するに値する人物か
  2. 他人(仲間)を尊敬することができるか
  3. 何か突出した能力を持っているか
  4. タフな精神力はあるか
  5. チームワークとリーダーシップはあるか

このような総合的な能力を、アメリカの入試選考のプロ集団「アドミッション・オフィサー」が見極め、合否を判断するそうです。

廣津留すみれさんはこのような能力が備わっていたからこそハーバード大学に入学できたんですね。

ただ、上の5つがあったからといって、学力がないと当然合格はできません。

廣津留すみれさんが語る、合格する上で一番大事な能力というのは、「英語力」だそうです。

なぜなら、ハーバード大学を受験する海外の人と同レベルの英語力がないと、そもそも学力が受験生の普通レベルにすら到達しないと言います。

また、英語力を備えて一番良かったことは、ハーバード大学のホームページを自分で読んで感じることができたからだそうです。

そこには、ハーバードが求めている人材とはどういうものなのかとか、受験に関するいろいろな情報があったそうで、それを読んだからこそ、ハーバード大学に行こうと思ったそうです。

そういった情報を英語で読めるというのはかなりの武器になり、一年間という期間でハーバード大学に行く準備ができたのは英語力があったからだと言います。

結論としてまとめると、「英語力」を鍛えるというのが、ハーバード大学に入学する上で一番大切な事だということですね。

廣津留すみれさんは受験生の時、15000語もの語彙を備えていたそうです。

15000語という途方も無い数の英単語を覚える努力ができるというのが、ハーバード大学に合格する上での最初の壁なのかもしれませんね。

最後に

いかがでしたか?

今回は、廣津留すみれは努力の天才!ハーバード大学に合格する上で一番の秘訣とはと題して、廣津留すみれさんについていろいろとご紹介してみました。

廣津留すみれさんはこれからもっともっと活躍の幅を広げていかれると思うので、どんな活動をしていくのか注目ですね!

ここまで読んでいただきありがとうございました^ ^

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です