レポートを書くときに最適なボールペンはどのメーカーのどのボールペン?(BEST3)

みなさんは高校や大学でレポートの課題はありますか?現代では、半数以上の方はレポートをパソコンで書いていると思うのですが、やはり高校生や高専の低学年の方はボールペンでレポートを書くと思います。

今回はそのレポートを書くときに、ストレスなく書くことができる、きれいに書くことができるボールペンをランキング順に紹介していこうと思います!

Sponsored Link

第3位 JET STREAM 油性ボールペン 5㎜

第三位は、uniさんが販売しているJETSTREAM油性ボールペン5㎜です!これは愛用している方がかなり多いと思います!

そして、愛用している方が多いことが証明しているように、これが一位だろ!と思う方がかなりいるとも思います(笑)。

しかし!僕は声を大にして言いたいんですが、レポートには不向きです!なんでかというと、このJETSTREAMという商品は、とてもなめらかに書けることが最大の特徴ですよね?そのなめらかさを実現しているのはペン先のコロコロしている部分なのですが、このJETSTREAMのコロコロはなめらかにすることを追及していて、しっかりとインクがでるように作られていないんですね。

なので、普段使いとしては、一位をあげたいくらい使いやすいボールペンなのですが、レポートを書くときには表や図など長い線を描くことが多いので、そういった場合に、線が途切れないように、インクがしっかりと出るかどうかというポイントからみると、この順位になってしまいました!

第二位 SIGNO 油性ボールペン 0.38㎜

第二位は、uniさんが販売しているSIGNO油性ボールペン0.38mmです!このボールペンも使っている方多いですね!

このボールペンの特徴は、この画像が示しているように、細いタイプでも引っかからずになめらかにかける!ということです。しかし、ここまでの特徴だと、先ほど紹介したJETSTREAMとあんまり変わらないじゃないか!と思われると思うのですが、このボールペンは、JETSTREAMとはちがってしっかりとインクが出ます。

つまり、レポートで表や図を描く際にも、線が途切れないので、ストレスなく、レポート作成をすることができます!これが、第二位になった理由です!

第一位 JUICE UP  油性ボールペン 0.4mm

第一位は、PILOTさんが販売している、JUICE UP 油性ボールペン 0.4mmです!このボールペンはこれまでに紹介してきたボールペンの特徴を全てを兼ね備えている上に、デザインがとてもかっこいいです!

また、この0.4mmというペン先の細さが絶妙で、とても快適な書き心地を生み出しています!そして、インクが少しにじむくらい出るので、複雑な線を描くとき、本当に軽い力でしっかりと書くことができるところもこのボールペンの特徴と言えるでしょう!

また、このボールペンは、この画像のモデルのものが書きやすいので購入の際は注意してください。

Sponsored Link

最後に

いかがでしたか?レポートを書くときに、最適なボールペンをランキング形式で紹介してみました!記事では順位を付けましたが、実際、今回紹介したボールペンはどれを使っても書きやすいので、自分に合ったボールペンを選んで使ってみてください!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です