市來玲奈はかわいくないのに日テレアナウンサーになれたのはなぜ?理由を考察!

みなさんこんにちは!

毎年4月になると新人アナウンサーの方が続々と入社して、いろいろと話題にもなりますよね!

見た目に関しては最も話題になるところで、やれ可愛いだのブサイクだの、かっこいいだのといろいろな意見がネット上で飛び交います。

そんな中で今回注目していきたい方は、2018年4月に天下の日テレアナウンサーとなった市來玲奈(いちきれな)という方です!

この方はおそらく、史上初、アイドルからアナウンサーになった方なのではないでしょうか?(あまりそういったことには詳しくないので見落としているだけかも)

しかもあの乃木坂46を卒業してアナウンサーになった方ということなので、ますます気になりますね~

しかし、この方は結構批判されている方で、Yahooの虫眼鏡キーワードではかわいくないというキーワードがでてくるほどその見た目には賛否両論あるようです。

ということで今回は、なぜそんなに批判されているのに日テレアナウンサーになれたのかということについて考察していきたいなと思います。

それではさっそく、本題に入っていきましょう!

Sponsored Link

市來玲奈ってどんな人?

まずは、市来玲奈さんのプロフィールや経歴を簡単にご紹介していこうと思います!

生年月日 : 1996年1月22日

年齢(2018年7月現在): 22歳

血液型 : A型

出身地 : 千葉県

身長 : 153cm

趣味・特技 : 社交ダンス・歌舞伎鑑賞

公式HP参照

プロフィールはこんな感じですね~

市來玲奈さんは、2011年8月11日に行われた第一期乃木坂46のオーディションに合格し、2012年2月22日に乃木坂46の1stアルバム「ぐるぐるカーテン」でデビューしました!

その後1stから4thシングルまで選抜メンバーに抜擢されていましたが、5thでは選抜メンバーには選ばれず、ちょうどそれくらいの時期に早稲田大学文学部へ内部進学したそうです。

そして、早稲田大学に進学した年(2014年)に乃木坂46の卒業を表明しました。

この卒業表明に関しては、いろいろな説があるのですが、僕は単に本当に学業に専念したくて乃木坂46を卒業したのではなく、アイドルとして活躍していくのに限界を感じたんじゃないかなと思いますね。

理由としては、卒業した後もメディアには出続けていて、2015年に未来プロダクションという事務所に所属することを決めましたし、2016年には「さざ波ラプソディー」という映画に出演しているということが挙げられます。

ただ、実際に日テレのアナウンサーになれるほどの学力は備えているのは事実なので、芸能界活動はしたいけどがっつりはやりたくないから、乃木坂46を卒業したのかなとも考えられますね~

真相は本人にしか分からないのですが笑

さて、次はなぜ日テレのアナウンサーになれたのかということについて考察していきたいなと思います!

Sponsored Link

なぜかわいくないのに日テレのアナウンサーになれた?

日テレのアナウンサーの方は特に可愛い方が多いですし、実際に市來玲奈さんと同僚の岩田絵里奈アナは可愛すぎると話題になっています。

そんな中でかわいくないと批判されている市來玲奈さんがなぜ日テレのアナウンサーになれたのかについて考察していこうかなと思います。

そもそもアイドルからアナウンサーになっている方がどれくらいいるのかなと思って調べてみると、意外といるという事実が分かりました。

そのことについて詳しく書いている記事があったので一部引用してシェアさせていただこうかなと思います。

元NMB48の村上文香(25)はNHK大津放送局の契約キャスターとして活動中で、やはり乃木坂46から卒業する斎藤ちはる(21)も、キー局のアナウンサーに内定したといわれている

こういったことから考えると、これからはアイドルからアナウンサーになるという道が一般的になってくるんじゃないかなと思いますね~

しかも、その理由を裏付ける理由として、このようなことがあるそうです。

どこの局もアナウンサー志望者の過去に敏感になっています。その点、元アイドルなら、ヤバい過去があれば週刊誌やネットで暴かれているから、局がわざわざ調べなくてもいい。しかも可愛い。一石二鳥なんですよ

なるほどといった感じですね。

女子アナにとって過去に起こした不祥事が暴かれるというのはタブーなことで、それが発覚してしまうと活動ができなくなってしまうくらいの自体になってしまうことがある。

その点、アイドルはそういったことがないから、テレビ局側からすると採用しやすい存在というわけなんですね~

ここで話を戻しますが、こういったことを踏まえると、市來玲奈さんは最も女子アナになりやすかった存在と言えるのではないでしょうか?

市來玲奈さんは元アイドルですし、かわいくないと批判されていてもそれは一部の人が言っていることで、何よりも早稲田大学を卒業したという実績がある

こういったことを総合したら、あの天下の日テレアナウンサーに内定したことも納得がいきます。

さらに、元乃木坂46という今や天下をとっているアイドルグループに所属していたわけですから、かなりテレビ慣れもしていると思うので、そういった点も日テレが採用した理由なのかなと思います。

結論としては、アナウンサー業界はそもそもアイドルを採用する流れになってきており、いろいろなことを考慮すると、市來玲奈さんは日テレのアナウンサーになることは全くおかしいことではないし、むしろ普通なことだった。という感じですかね~

最後に

いかがでしたか?

今回は、市來玲奈はかわいくないのになぜ日テレアナウンサーになれた?理由を考察!と題して、市来玲奈さんについていろいろとご紹介してみました!

今回は結構シビアなところを考察していったのですが、結果的には市來玲奈さんが日テレのアナウンサーになれたのは全くおかしいことではないということが分かったので良かったかなと思います!

これからは日テレのアナウンサーとしていろいろな場所で活躍していくと思いますし、

市來玲奈さん本人も「どんな色にもなれるカメレオンアナになりたい」という抱負を述べているので、これからの活躍に注目ですね!

ここまで読んでいただきありがとうございました^^

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です