翁長知事の後継者は誰になる?玉城デニー氏が有力候補だが予想は?

みなさんこんにちは!

先日沖縄の翁長知事が亡くなられてから、新たな動きが見られましたね。

というのも、翁長知事が時期の自分の後継者を指名した音声の録音があったということですね。

この件に関しては、すでにかなり物議を醸しており、「時期の後継者を指名するなんて民主主義に反することだ」なんていう声も多数あるようです。

今回は、これを受けて、時期の翁長知事の後継者は誰になるのかについて考察していこうと思います!

それではさっそく、本題に入っていきましょう!

Sponsored Link

翁長知事の後継者は誰になる?

まずは、改めて音声内容を見ていきたいと思います。

 翁長雄志知事が死去する直前に、自身の後継として、金秀グループの呉屋守将会長(69)と玉城デニー衆院議員(58)の2氏の名前を挙げていたことが18日、分かった。関係者によると、亡くなる数日前に音声として残していた。17日夜、遺族から新里米吉県議会議長に音源の存在が伝えられた。与党の人選に大きな影響を与えそうだ。今後、呉屋氏と玉城氏を軸に人選を進めるとみられる。

 関係者によると、翁長氏は「自分が駄目になったら呉屋守将さんか玉城デニーさんにお願いしたい」なとど話した音声を残していた。病室で録音したとみられる。音声が残っていたことを受け、県政与党などでつくる調整会議は19日に会合を開き、対応を協議する。調整会議は当初、22日までに候補者を決定する考えだった。

 呉屋氏は18日、本紙に対して「出馬しないという考えは変わらない。翁長知事が伝えたというメッセージは後継の知事も経済人の一人として自分を支えたように引き続きサポートしてもらいたいという意味と捉えている。そういうことであれば微力ながら努力はしたい」と語った。

 玉城氏も同日、本紙に対して、調整会議の照屋大河議長に「今の段階で出馬する意思はないことは伝えた」と明らかにした上で「(翁長氏の指名は)非常に重い。今の段階でわたしが行動を起こすことはない」と語った。一方で、所属する自由党の小沢一郎共同代表から「いろいろ考えて判断してと言われた。代表には状況が変われば報告すると伝えた」と述べ、含みを持たせた。

 知事選を巡って県政与党は、17日の調整会議で各団体が推薦する候補者を挙げたばかりだった。与党幹部によると、推薦された候補者は呉屋氏のほか、謝花喜一郎副知事(61)、赤嶺昇県議(51)、稲嶺進前名護市長(73)、富川盛武副知事(70)の計5氏の名前が挙がった。

琉球新聞引用

これによると、翁長知事が実際に音声で指名した人というのは、呉屋守将氏と玉城デニー氏だということが分かりますね。

翁長知事は普天間基地の問題に関してかなり積極的に取り組んでいたため、県民の信頼が厚かったというのが事実としてあります。

そして、そのような人物が自身の後継者を指名したとなれば、その指名された人物に票が集まるのは必然的なことだと思うんですよね。

だからこそ、今回の指名に関してはかなり物議を醸しているんです。

 

 

 

しかし、その指名されたうちの呉屋守将氏は自身の固辞を表明しているため、呉屋守将氏はもうこの件には関係ないと断言してもいいと思います。

ただ、問題は玉城デニー氏ですよね。

現時点では呉屋守将氏と同様に固辞を表明していますが、もしかしたら立候補するかもしれないという匂わせ発言もされています。

もし本当に立候補してしまったら、玉城デニー氏が時期の後継者になることはほぼ確実かと思われます。

そこで次は、今一度玉城デニー氏の功績や経歴を見ていきたいと思います。

Sponsored Link

玉城デニー氏の経歴を調査!

玉城デニー氏が最有力候補となっている今、これまでに玉城デニー氏がどんなことをしてきたのか気になる方が多いと思います。

ということでさっそく、玉城デニー氏がこれまでに成し遂げてきたことをまとめていきます!

まずは、ざっとこれまでの経歴を並べてみます、

2002年:沖縄県市議会選挙に無所属で出馬し、トップ当選。

2005年8月:衆院選出馬のため、市議を辞職。

2005年9月:第44回衆議院議員総選挙に民主党公認で出馬するが、落選。

2009年8月:第45回衆議院議員総選挙に再び民主党公認で出馬し、初当選。

2012年:野田内閣による消費増税法案の閣議決定に反対し、民主党を離党。

2014年:第47回衆議院議員総選挙に生活の党公認で出馬し当選。

2017年:第48回衆議院総選挙に、党籍を残したまま無所属で出馬して当選。

2018年8月19日現在:自由党所属の議員であり自由党幹事長兼国会対策委員長

Wikipedia参照

この経歴を見る限り、かなり優秀な方であることは間違いないでしょう。

2002年の沖縄県市議会選挙に無所属で出馬してトップ当選しているところを見ると、そのことが顕著に現れていると思います。

このことから考えても、玉城デニー氏が立候補したときの当選確率というのは圧倒的に高いと思うので、これからの玉城デニー氏の発言には注目ですね。

最後に

今回は、翁長知事の後継者は誰になる?玉城デニー氏が有力候補だが予想は?と題して、翁長知事の後継者問題についていろいろと考察してみました!

まだ音声の報道がされたばかりで、正確に誰がなるかは分からないので、これからどうなっていくのか注目してきましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です