カメラを止めるなのパクリ・盗作疑惑の真相は?和田亮一の経歴も調査

みなさんこんにちは!

2018年8月21日の朝に、現在大ヒットしている映画「カメラを止めるな!」がパクリ・盗作ではないかとのニュースが入ってきましたね。

正直言って、こんな訴えを今更しても意味ないなと思いますが、「カメラを止めるな!」が自分の作品であると訴えた和田亮一さんには何か考えがあって、今回この訴えをしたんでしょう。

ということで今回は、カメラを止めるなのパクリ・盗作疑惑の真相や、今回「カメラを止めるな!」が自分の作品の盗作であると訴えた和田亮一さんの経歴をご紹介していこうと思います。

それではさっそく、本題に入っていきましょう!

Sponsored Link

カメラを止めるなのパクリ・盗作疑惑の真相は?

まずは、改めて今回の経緯を確認していこうと思います。

 今年6月に通常公開されるや、口コミで大きな話題を呼び、カンヌ映画祭で最高賞を受賞した『万引き家族』を超える注目度を集める作品である。新人・上田慎一郎監督と無名俳優たちによって作られたワンカット映画は「興行収入10億円確実」のヒット作として知られている。

しかし、そんな『カメラを止めるな!』にまさかの「盗作」「パクリ」疑惑が浮上しているのだ。

21日発売の「FLASH」(光文社)によれば、同作の基本構成がそっくりな「舞台」があり、その劇団を主宰する男性が「原作表記も許諾もない」と憤慨。すでに上田監督やプロデューサーらと話し合いをしているがまとまらず、法的措置に向け準備をしているという

biz-journal.jpの記事の一部引用

今回の経緯を簡潔に言うと、和田亮一さんが演出した舞台「GHOST IN THE BOX!」(以下、GHOST)の内容と「カメラを止めるな!」の内容がかなり類似しているため、文字通りこれはパクリであり、盗作ではないかと騒いでいるわけですね。

正直言って、今回のパクリ・盗作疑惑の真相というのは個人の考え方によっていろいろな意見があると思いますね。

ということでまずは、Twitter上ではどのような意見があるのかをご紹介していこうと思います。

 

 

 

 

 

Twitter上で話題のツイートになっているものからいくつか選んでみました。

ツイートを見た感じだと、「これが本当ならやっちゃったね」とか「カメラを止めるな!が売れたからこういう訴えをしてきただけだ」という意見など、想像通りいろいろな意見がありましたね。

ここからは僕の意見になるのですが、正直言って、作品のパクリ・盗作に関しては、こうやって後から訴えても意味がないと思いますし、本当にどうとでも言い訳ができるんですよね(両者とも)。

だって、そもそもこの世に完全オリジナルな作品はあるのかって話になってきますよね。

今回「カメラを止めるな!」を自分が作った作品の「GHOST」のパクリ・盗作作品であると訴えている和田亮一さんだって、この「GHOST」という作品を何か他の作品を見ていた中で思いついた作品かもしれないですし。

なので、もし和田亮一さんが「カメラを止めるな!」をパクリ・盗作の疑惑で訴えたとしても、これまでにそういった判例があれば、全く訴えが通らないということなんですよ。

少し話がずれましたが、僕自身、この世に完全オリジナルな作品はないと思いますし、たとえ「カメラを止めるな!」の核となる内容構成が「GHOST」と同じようなものであったとしても、実際にヒットしているのは「カメラを止めるな!」ですし

たとえ「GHOST」とほぼ同じ内容のものが「カメラを止めるな!」だったとしても、映画化という発想があったのは「カメラを止めるな!」を作った上田監督だったと思うので、そういう観点から見ても、「カメラを止めるな!」が「GHOST」のパクリ・盗作作品であるとは断言できないと思います。

(ただ、ここまでの意見はあくまで一個人の見解であり、両者を避難するものではないということはご了承ください)

Sponsored Link

和田亮一の経歴は?

最後に、「GHOST」の作者である和田亮一さんの経歴をご紹介したいと思います。

生年月日 : 1986年5月30日

年齢(2018年8月現在): 32歳

血液型 : O型

職業 : 作品クリエイター

和田亮一さんは2011年から2014年にかけて、劇団「PEACE」の主宰をしていたそうです。

その他の経歴情報については、追加情報が入り次第、追記していきます。

最後に

今回は、カメラを止めるなのパクリ・盗作疑惑の真相は?和田亮一の経歴も調査と題して、今回の「カメラを止めるな!」パクリ・盗作疑惑騒動に関していろいろと考察してみました。

今回のこの騒動はまだ世に出たばかりなので、追加で何か動きがありましたら、この記事にどんどん情報を追記していこうと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました^^

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です