さくらももこが祖父について書いたエッセイが壮絶過ぎ…(全文まとめ)

みなさんこんにちは。

先日、ちびまる子ちゃんの作者としてもよく知られていた、さくらももこさんがこの世を他界されました。

まだ年齢が53歳という若さにも関わらず、このような訃報が出てしまったため、かなり驚かれている方も多いようです。

僕自身、さくらももこさんの作品は、ちびまる子ちゃんくらいしか見たことが無いのですが、あの作品からだけでも、さくらももこさんの人生観というものがひしひしと伝わっていたように思います。

ご冥福をお祈り致します。

さて、今回は、そんなさくらももこさんの祖父について気になることがあったので、さくらももこさんの祖父について調べたことをいろいろとご紹介していこうと思います。

Sponsored Link

さくらももこさんの祖父はろくでもない人だった?

もし、さくらももこさんの祖父のことをよく知らない一般人が、こんなことをデマで噂として流したのだとしたら、怒りが湧いてくるものですが、どうやら祖父に対してこう言っているのはさくらももこさん本人のようですね。

実際にさくらももこさんが祖父に対してそのような思いを抱いていたという証拠となっているのが、さくらももこさんが書いたエッセイなのですが、さくらももこさんは自身のエッセイの中で、祖父に対しての思いを次のように綴っています。

 

 

このツイートが無断転載であることは間違いないのですが、少しでもこのことを知ってもらいたいさくらももこさんのファンの方が善意で載せたものだと思うので、そこは目をつぶってあげてください。

また、このツイートの画像からだと、よく文が読めないという方もいるかとは思うので、自分の中でこのエッセイを要約したものをご紹介しようと思います。

このエッセイを要約すると

「さくらももこさんの祖父はずるくてイジワルで怠け者で、嫁いびりもすることから、さくらももこさん、母、姉は日頃から散々な目にあっていた。

そんな中で、その祖父がさくらももこさんが高校二年生の時に亡くなったそうなのですが、その亡骸を見て悲しむものは誰もおらず、もはやさくらももこさんの家族全員が亡くなったことを喜んでいた。

まず、さくらもももこさん、母、父が最初に祖父の亡骸を見たそうなのですが、その死顔がおかしく感じて笑ってしまい、その後目を覚ました姉は、祖父が亡くなったことを聞いて、興奮のあまり目を輝かせた後、亡骸を確認して笑いをこらえきれずに笑ってしまった。」

という感じですかね。

エッセイを要約することがうまくなくてすみません…

つまり、このエッセイを見た限りだと、さくらももこさんの祖父はろくでもない人だったと言えることから、ネット上では、さくらももこさんの祖父はろくでもない人だったという情報が流れているんですね。

Sponsored Link

さくらももこさんが描いた友蔵は自身の祖父とは真逆の人?

そんなさくらももこさんの祖父ですが、ちびまる子ちゃんの祖父である友蔵がその祖父とは真逆の人として描かれているのではないかとの意見がネット上で飛び交っていました。

いくつかその意見をご紹介したいと思います。

 

https://twitter.com/a7cn1066/status/1034364087256285184

 

 

 

 

さくらももこさんの祖父がさくらももこさんにとって嫌な祖父だったから、ちびまる子ちゃんでは自分の理想の祖父を描いたとのことなのですが、そう言われるとそうかもしれないとも思ってしまいますよね。

また、先程ご紹介したエッセイはその当時かなり非難されたらしいのですが、その非難の声に対するさくらももこさんの返しが秀逸だという意見や、そのエッセイで救われたという意見もあったので、その意見もいくつかご紹介したいと思います。

 

https://twitter.com/nekoneko_nyanko/status/1034043696268767233

 

 

家族を無理やり好きになる必要はないというメッセージを受け取ったという読者が多いようでした。

確かに、たとえ家族だからといって、勝手に愛情が湧くものではないのかなと思いますね。

ただ、家族という存在は自分にとってかけがえのない存在であることは確かなので、家族からたくさんの愛情が与えられるような人になっていきたいなと思うものですね。

最後に

今回は、さくらももこが祖父について書いたエッセイが壮絶過ぎ…(全文まとめ)と題して、さくらももこさんの祖父についていろいろとご紹介してみました。

今回さくらももこさんが亡くなったことを受けて、さくらももこさんのエッセイこそが特に素晴らしい作品であるということを知れたので、今後機会があったら、そのエッセイを読んでみたいなと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です