北海道の停電の復興・復旧はいつになる?地震の最新被害状況も調査

2018年9月6日に北海道で大きな地震が発生し、北海道の広い範囲で停電が発生しているようですね。

今回の地震は先日の台風の被害があってすぐだったので、北海道にお住まいの方は本当に大変な状況だと思います。

今回は、そんな北海道地震の最新被害状況や、地震による停電の復興・復旧はいつになるのかを調査していこうと思います。

Sponsored Link

北海道地震の最新被害状況

2018年9月6日午前7時現在で確認できる被害状況をまとめていこうと思います。

  • 震度5弱以上を観測したと考えられるものの、震度の情報が入っていない北海道厚真町では、大規模な土砂崩れが起きて住宅に大きな被害
  • 新千歳空港 きょうの全便欠航
  • 火力発電所すべて停止し道内全域停電
  • 札幌 水道管破裂 一部地区で断水
  • 震度不明のむかわ町 約10人けが
  • 震度5強の札幌 北区 100mにわたり道路陥没

 

 

 

現在確認できている被害状況はこれくらいですが、まだまだ余震は続くとみられており、これからも予断を許さない状況であることは間違いないと思います。

上の被害状況を見た限り、特に被害が大きい地域は「安平町」だということが確認できますね。

上の映像では「安平町」の建物の一部しか報道されていないのですが、おそらく「安平町」全域であのような倒壊が起こっているかと思います。

また、未だに震度が観測できていない地域もあるということが一番心配ですね。

追加で情報が入り次第、追記していこうと思います。

Sponsored Link

北海道の停電の復興・復旧はいつになる?

先程、「火力発電所すべて停止し道内全域停電」という事態が起きているといったのですが、この停電の復興・復旧はいつになるのでしょうか?

まずは、北海道電力がどんな見通しを立てているのかを確認していきましょう。

 

 

北海道電力側からすると、現状は停電の復興・復旧は見通しすらたっていない状況ということですね。

北海道電力は地震の二次災害を防ぐために、火力発電所を自発的に停止しているため、この北海道地震の余震が終わるまではずっと停電したままなのではないかと思いますね。

また、余震がいつまで続きそうなのかも調べてみましたが、そのことについても全く見通しが立っていないようです。

このことについても、追加情報が入り次第、追記していこうと思います。

最後に

今回は、北海道の停電の復興・復旧はいつになる?地震の最新被害状況も調査と題して、北海道地震の最新被害状況や、停電の復興・復旧はいつになるのかを調べてみました。

調べてみた結果、現状ではどれも判断しかねることばかりだったので、もう少し情報がはっきりしてから情報を追記していこうと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です