iPhone SEが販売終了したが修理はどうなる?アップルケアの対応は?

iPhone SEが突然販売終了したことを受けて、iPhone SE愛用者の方々がかなりがっかりされているようです…

かくいう僕もiPhone SEという機種はとても魅力的だなと思っていまして、現在はiPhone Xを使っているのですが、そろそろiPhone SEに変えようかなとか思ってました(もう販売終了したから手遅れ)。

そして、こんなに突然販売終了となってしまうと

ネットの声

これからiPhone SEか壊れたらどうするんだよ!

ネットの声

俺、最近iPhone SE買ったんだけど、アップルケアはこれまでも適応されんのか!?

という疑問がでてくると思います。

ということで今回は、iPhone SEが販売終了したあとの修理の対応やアップルケアの対応についてやネットの悲しみの声を調べてみました!

Sponsored Link

iPhone SE販売終了後の修理、アップルケアの対応はどうなるの?

これがどうなるかによっては、iPhone SE愛用者の逆鱗に触れることになりそうです。

さっそく、これからのiPhone SE販売終了後の修理、アップルケアの対応について調べてみると、公式HPで以下のようなことが書いてある文章を発見しました。

画像だと少し読みにくいと思うので、上に書いてあることをそのまま文章に書き起こしたいと思います。

2018年12月31日までの間、対象となるiPhone 6以降モデル(iPhone SEも含む)の保証対象外バッテリーサービス料金を3200円とさせていただきます。

なお、3200円にてバッテリーサービスを受けられるのはiPhone一台につき1回限りとさせていただく場合があります。

2019年1月1日以降は、iPhone Xの料金が7800円に、その他全てのiPhoneモデルの料金が5400円に改定されます。

なるほど、つまり、iPhone SEユーザーは

2018年12月31日までに、必ず一度はバッテリー交換をするべき!

ということですね。

2018年12月31日までは3200円という割と低価格でバッテリーを新品にすることができるが、それ以降になってしまうと5400円という少しお高めな代金を支払わないとバッテリーを新品にすることができないそうなので、現在iPhone SEを愛用している方は、今すぐにでもバッテリー交換に出したほうが良さそうですね!

また、今の所この文章しか確認できていないので、もしかしたらアップルケアも期限がくるまでは対応されそうですよね。

Sponsored Link

iPhone SE販売終了に伴うネット上の悲しみの声まとめ

ここからは、iPhone SEが販売終了したことに対してのネットの声をいくつかご紹介しようと思います!

 


iPhone SEユーザーの方っていうのはあのサイズ感がかなり好きな方たちだと思うので、他のiPhoneには興味が無いようにも見えました笑

また、Twitterを見た感じだと

ネットの声

これからはアンドロイドユーザーになろっかな

みたいな人もいました笑

たしかに、あのサイズ感っていうのはiPhone SE、iPhone 5sならではの大きさでしたよね〜

当時僕が携帯を買う時にあった選択肢がiPhone 6iPhone 5sで、僕はiPhone 5sに惚れ込んでいたので迷わずそっちを買おうとしたのですが、その当時知識がなかった僕はガジェット系に詳しい大人の人に

ガジェット大好きマン

古い機種買うと、すぐに動作が遅くなるから、あまり携帯を買い換えないなら新作買っといたほうがいいよ

と諭されて、最終的にiPhone 6を買ってしまったというのはいい思いです笑(ちなみに、買った後にはしばらく後悔してました笑)

最後に

今回は、iPhone SEが販売終了したが修理はどうなる?アップルケアの対応は?と題して、iPhone SE販売終了に伴うアップルの対応を調べてみました。

まだ不明確な部分もあったので、これから有益な情報がはいってきたら追ってご紹介しようと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です