中田久美監督のシースルーモデル時代の写真集画像がやばいwww

中田久美(なかだくみ)監督率いる女子バレーチームが戦う世界バレーがもう少しで開幕を迎えますね!

今年の世界バレーはかなり期待しても良いというような情報も聞いたので、今からとてもわくわくしています(笑)

女子バレーって男子バレーよりは迫力が無いですが、それ以上に見ていてとても面白いというのがあるので、たとえバレーにあまり興味が無くても見入ってしまいますよね!(決して変な意味じゃないですよ?)

そして、その女子バレーチームを率いる人こそが中田久美監督なので、ぜひ女子バレーを優勝に導いて欲しいなと思います!

さて、そんな中田久美さんですが、若い頃にシースルーモデルをしていたという噂があるようなんです(笑)

ということで今回は、中田久美さんがシースルーモデルをやっていたという噂の真相に迫っていき、その頃の画像を探していこうと思います!

Sponsored Link

中田久美のプロフィールを簡単にご紹介!

 

 

まずは、中田久美さんのプロフィールを簡単にご紹介しようと思います!

生年月日 : 1965年9月3日

年齢(2018年9月現在): 53歳

出身地 : 東京都練馬区

身長 : 176cm

血液型 : A型

現役時代の最高到達点 : (スパイク)305cm、(ブロック)289cm

Wikipedia参照

中田久美さんのプロフィールを見て驚いたのが、年齢がすでに53歳であるということですね〜

中田久美さんの年齢を見た目から判断してと言われたら、絶対に40代中盤くらいだと言ってしまうくらい見た目が若いので、すでに50代だという事実には驚かされました(笑)

また、現役時代の最高到達点がめちゃくちゃ高いこともびっくりしましたね(笑)

今、世界バレーの日本代表として活躍している長岡望悠さんの最高到達点はスパイク時に308cmくらいだった気がするので、中田久美さんは176cmという身長で305cmというのはかなりすごいことだと思います(笑)

中田久美監督は若い頃にシースルーモデルだった?

 


中田久美監督についていろいろと調べていると

「中田久美 シースルー モデル」

というキーワードがたくさん引っかかってきました。

まずここで思うことは、「そもそもシースルーモデルとはなんぞ?」ということではないでしょうか?

さっそく調べてみると、シースルーモデルとは

窓部をくり抜くことによって重量感を軽減し、実車に近い感覚をつかむためのモデル。

ステアリングホイールやシートの上部だけがつくられていて、窓、ガラス(実際にはアクリル板の場合もある)がはめ込まれ、外から車内が透けて見えるため、全部をクレイでつくってあって車内が見えないモデルに比べると、実際のクルマのようにみえる。

大車林参照

「うん、え?」となった方がほとんどだと思いますし、僕自信もそう思いました(笑)

ただ、実際に、シースルーモデルという言葉が指している意味は上のような意味しか出てこなかったんですよね(笑)

「じゃあ中田久美監督は元々車のモデルだったのか!?」となってしまいそうですが、当然そうではなく(笑)

さらに深く調べてみると、中田久美さんの場合のシースルーモデルというのは、中田久美監督自身が、昔そういう際どい衣装を着て写真集を出したという情報からでてきたキーワードのようですね〜

シースルーモデルというくらいですから、当然その写真集自体がかなり際どいものだとは思うのですが、ここで気になるのは、実際の写真がどういうものなのかということですよね!

Sponsored Link

中田久美監督のシースルー姿の画像がやばいwww

 


ということでさっそく、中田久美監督がシースルー姿の画像がないか探してみた所、一つだけ入手できたので、そちらをシェアしたいと思います!

中田久美監督のシースルー画像①

中田久美監督のシースルー画像②

正直言って、想像していたよりもかなり際どい写真だったのでかなりびっくりしました(笑)

だって、完全に前が全開ですもんね…(笑)

あの中田久美監督が、時には「てめえらコノヤロー!」なんていう厳しい言葉を選手にかけて気合をいれる中田久美監督が、過去にこのような写真集を出していたなんて本当に驚きでしか無いです。

人の過去には何があるか分かりませんね〜

なんだか、こういった中田久美監督の一面を知った後だと、世界バレーでは選手よりも中田久美監督に注目してしまいそうです(笑)

最後に

今回は、中田久美監督のシースルーモデル時代の写真集画像がやばいwwwと題して、中田久美監督が過去にシースルーモデルをしていた時の画像や、その写真集画像をご紹介してみました!

やはり、人間ってギャップがある人に弱いんだなということを痛感させられた気がしますね(笑)

あんなに日頃から厳しい人が若い頃はこういう活動もしていたなんて、本当に良いなって思います(笑)

まだ若い人は、こうやって様々なことに挑戦するべきなのかもしれませんね〜(未だに中田久美監督がこういう活動をやっていた意味が分かってないですが(笑))

ここまで読んでいただきありがとうございました^^

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です