まんぷくの主題歌はうるさいしイライラする?世代間の意見の違い

現在放送されている朝ドラ「まんぷく」の主題歌には、ドリカムさんが歌っている「あなたとトゥラタッタ」が起用されていますね!

僕は星野源さんが歌う「半分青い」の主題歌が本当に神曲だったと思っているので、「まんぷく」に起用される主題歌はあの主題歌の後だとかなり色あせてしまうんじゃないかと思っていましたが、まさにそのとおりになってしまいましたね…

というのも、現在「まんぷく」の主題歌に起用されている「あなたとトゥラタッタ」はそんなに悪くない曲だと思うのですが、ネット上ではかなり叩かれているようなんです。

ということで今回は、そんなネット上の意見をまとめていくとともに、そこから見える世代間の意見の違いを考察していこうかなと思います!

Sponsored Link

まんぷくの主題歌はうるさいしイライラする?

さっそく、ネット上で見られた「あなたとトゥラタッタ」への意見をいくつかご紹介していこうと思います!

 


上のツイートを含め、Twitter上にあった意見を簡単にまとめると

  • まんぷくの主題歌は耳障り
  • まんぷくの主題歌は絶対飛ばす
  • まんぷくの主題歌、何言ってんのかわかんない
  • なんで今さら主題歌が嫌とか言い出すの?
  • 普通にまんぷくの主題歌好き
  • 元気がでる音楽

という感じでしたね。

まあ、個人的な感想としては、「まんぷく」の主題歌に関してなんの気持ちも持っていないというのが正直なところです笑(特に何も気にならないってことですね)

どんな音楽にしても、必ず良いという人と悪いという人が出てくるので、その感想のどっちが正しいというのは一概には決まらないと思います。

ただ、今回「まんぷく」の主題歌に関しての感想を集めている際に気になったことが一つだけでてきました笑

というのも、「まんぷく」の主題歌に対して「うるさい」、「耳障りだ」という意見を持っている人には若い人が多い傾向があり、逆に良い評価をしている人には若い人が少ない傾向があったんですね〜

Sponsored Link

「まんぷく」の主題歌に対しての意見の違いには世代間の違いがでている?

先程も申しあげたように、「まんぷく」の主題歌に対しての意見には、世代間で大きく意見に違いが出ていたんです!(まあ、薄っぺらい統計のデータなので、もしかしたらそんなことは無いかもしれないですけど笑)

これって本当に面白いことですよね〜

また、その世代間の境界線はどこにあるのかと思って少し考えてみたのですが、おそらくドリカムさんを知っている世代かそうでない世代の間にその意見の境界線があるのかなと思いました。

僕はドリカム世代とは言わないまでも、幼い頃からドリカムさんの音楽に触れてきたため、今回話題になっている「あなたとトゥラタッタ」に対して全く拒絶反応みたいなものは示さなかったため、おそらくドリカム世代の方たちも拒絶反応は示していないんじゃないかと思います。

しかし、Twitterなどで批判的な意見を述べている人たちを見てみると、大体がドリカムの音楽に触れていないような人たちばかりだったため、ドリカムさんの音楽に触れてきたか触れてきていないかが、今回の意見の相違点なんだなと思いましたね〜

そして、これから導き出されることというのが、現代の若い人にはドリカムさんの音楽が響いていないってことだと思うんです。

そう考えると、なんだか自分たちと違う意見を持っている人に対して、少しギャップみたいなものを感じてしまいますよね…笑

まあ、それが時代の変遷だと思いますし、文化が変われば音楽も変わるということだと思うので、少し面白いなとも思いますが、なんだか少しさびしい感じもしますよね…笑

最後に

今回は、まんぷくの主題歌はうるさいしイライラする?世代間の意見の違いと題して、ドリカムさんが歌う「あなたとトゥラタッタ」に賛否両論あることについて、いろいろと調査してみました!

今回調査した結果から、最終的には音楽の移り変わりみたいなものも見えてきたので、この1件は本当に面白い話題だなと思いましたね〜(あくまで個人的な見解でしかないので、あしからず)

このような傾向から、これからは現代の若者に響くような音楽が量産されていくんだろうなと思いますが、一部でもいいから昔のような音楽も作成されていってほしいなと思います笑

さて、今回はここまで読んでいただきありがとうございました!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です