ピロール米の効果と玄米との違いとは?健康に良い食べ方も調査!

最近「ピロール米」というお米が健康的だとして、ネット上を中心に話題になっていますね!

最近では、炭水化物はあまり取らないほうが良いというイメージが広がってしまい、パンだけではなくお米まで避けるようにしているという方が増えてきていますね

長い間日本人の主食であったお米の不人気というのは、深刻な問題と言えそうです

そんな中、「ピロール米」というお米が健康的だと、ネット上で最近注目されていますよね!

なんだか聞き慣れない名前ですが、一体どのようなお米で、普通のお米と何が違うのか不思議に思う方も少なくないと思います

ということで今回は、そんなピロール米について、玄米との違いや健康にいい食べ方などについて調査していきたいと思います!

Sponsored Link

ピロール米ってなに?

まずは、ピロール米の特徴について皆さんにご紹介していきたいと思います!

ピロール米は世界で初めてビタミンB12が含まれたお米ということで、世間の注目をかなり集めているようです

このビタミンB12が不足してしまうと、めまいをはじめとして、体の怠さなどさまざまな症状が起こってしまうんだとか

つまり、普段毎日食べているお米から、この生活に欠かせないビタミンB12が取れるのはとても画期的なんですね!

それだけではなく、ピロール米には葉酸亜鉛などの重要な栄養も豊富に含まれているようです!

また、ピロール米のミネラル分の多くがキレート化されていて体に吸収されやすくなっているそうです

普通のお米では、キレート化されている割合が少ないため、吸収されにくいようです

ピロール米の体への効果は?


先ほど紹介したように、体に大切な栄養が豊富に含まれているピロール米ですが、私達の体にはどのような影響があるのでしょうか?

調べてみたところ、ピロール米は弱アルカリ性の食品なので血液がサラサラになり、新陳代謝が向上しダイエットや美容効果が期待できるそうです!

ちなみに、その食べ方というのは普通のお米と同様な食べ方で良いそうですね〜

いつも食べているお米をピロール米にするだけでそのような効果が得られるというのですから、なんだかとてもオトクな気分になりますよね笑

また、ピロール米というのは癌や糖尿病などの予防にも効果的だということなので、本当にすごい食べ物だなと思いますね…

お米って普通は糖尿病を引き起こす原因になるような食材だとは思うのですが、それをピロール米にすることで、逆に糖尿病を予防できるというのですから、これもまた、なんだかオトクな気分になります笑

Sponsored Link

ピロール米と玄米の違いは?

さて、健康的なお米といえば「玄米」を思い浮かべる方も多いかとは思いますが、ピロール米と成分はどう違うのでしょうか?

実は、これまで、体に良いとされてきた玄米と比較しても、本当に多くの栄養を含んでいるんですね。

それこそ、ここでは書ききれないほど多くの栄養価を含んでいるんです(書ききれますが、気が遠くなるような情報量なので、ここでは省略させていただきます笑)

これまでの認識の中では、玄米こそが健康的なお米だという感じですが、今回ピロール米を知ってしまったので、これからはピロール米を食べていきたいなと思いますね〜

ただ、ここで気になるのは、そんな優れた食材であるピロール米は、一体いくらするのかということではないでしょうか?

ピロール米の購入方法は?通販はあるの?

さて、ここまでピロール米の素晴らしい魅力をご紹介してきましたが、どうしたら購入できるのでしょうか?

調べてみたところ、アマゾンや楽天市場を始めとする、大手通販サイトでピロール米は購入できるようでした!

これは一度手に入れるしかありませんね・・・

値段は普通のお米に比べ少し高いようですが、健康のためなら仕方がありません!(笑)

ピロール米の栽培方法はどんなかんじ?

ここでは、ピロール米の栽培方法についてご紹介して行きたいと思います!

ピロール米の栽培ではまず、土の中に含まれているラン藻という微生物を、ピロール資材という肥料を混ぜることで活性化させます

そして、完成した肥料を使用することで農薬の分解が早くなり、お米の栄養の吸収をたかめているんです!

なんでも、この栽培方法はお米に限ったものではなく、様々な野菜などにしようされているそうです!

まとめ

さて、今回は「ピロール米の効果と玄米との違いとは?健康に良い食べ方も調査!」と題しまして、ピロール米の魅力やその栽培方法についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

普段何気なく食べているお米から、ここまで多くの栄養を取れるようになるのはとても魅力的ですよね!

しかし、値段が高いというのが難点なのでそこはいまのところ我慢するしかなさそうです・・・

最後にご紹介したように、なんだか難しい方法で栽培されているようですからね

さて、今回はここまで読んで下さり本当にありがとうございました!^^

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です