効果的な昼寝って?昼寝の時間はどれくらいが良いの?

みなさんは、なぜか眠れない日だったり、以上に眠くなる日など眠気が日によって様々だなと感じたことはありませんか?

実は、そういった眠気というのは今行っている習慣を少し変えるだけで、また、意識を変えるだけでコントロールできるようになります。

Sponsored Link

昼寝をしたら夜眠りにくくなる

みなさんはこのような経験をしたことがありませんか?もしくは、聞いたことがあると思いますが、実はこれ、ある事に気を付けて行いさえすれば、昼寝をしたら夜眠くなくなるといったようなことはなくなります。

昼寝は午後二時までにすれば、夜眠くならない!

この、午後二時という時間設定は、いろいろな睡眠に関する本を読み、試行錯誤を重ねて、自分自身で見つけ出した時間です。この時間帯までに昼寝をしていれば、夜に眠くなくなるといったようなことはなくなりまました。また、いろいろな本や記事で、昼寝は15分以内!と書かれていることが多いと思うのですが、本当に疲れている時は1時間ほどの長い睡眠を取っても何の問題もありません。また、やってみたら分かるのですが、だいたい15分だけじゃ物足りないことが多いです。

昼寝は眠くなる前にしてしまおう!

まず、昼寝をする習慣がある人が意識するべきことは、昼寝をするタイミングです。習慣的に昼寝をする方は「いつもこのくらいの時間帯にねむくなってしまう」、「いつもこの時間帯には昼寝している」といったタイミングの前に昼寝をするようにしてください。これは、昼寝時間の短縮になります。

なぜ、睡眠時間の短縮になるのかという疑問に対して詳しく話してしまうと、脳の構造から話さなければいけないので、簡潔に説明します。

おそらく、みなさんが体験したことがあると思うのですが、昼寝をしてしまう時というのは、強烈な眠気に誘われている時だと思います。そういう時って想像以上に長く眠ってしまいませんか?

これは、脳に溜まっている睡眠物資が最大になったため、それを消費しようと長く眠ってしまうのです。ですから、その睡眠物資が最大になる前に眠ることで、長く眠ってしまうことを防ぐことができます。

昼寝は疲れをとるのに効果的!

また、「特に昼寝を習慣的にはやっていない」という方は、最近疲れが取れていないなと感じたら、夜に長く眠るのではなく、昼寝をしましょう。昼寝をすることで早く疲れを取ることができます。偉人であるナポレオンも夜は三時間ほどしか眠らず、仮眠を何回かに分けて取っていたそうです。

 

昼寝を取り入れて作業効率をアップ!

これは、聞いたことがある人も多いと思います。これは、科学的にも証明されていることで、ある企業で昼に昼寝の時間を取り入れたところ、作業効率が60%もアップしたそうです。自分自身も、上記したような技術を取り入れて昼寝をするようにしたところ、いろいろな作業がスムーズにできるようになりました。

Sponsored Link

最後に

今回ご紹介した以外にも、昼寝によるメリットというのはたくさんあります。会社員の方や学生の方がすぐに取り入れることは難しいかもしれませんが、昼休みの時間をうまく使って昼寝を取り入れてみると、生活の質がワンランクアップするかもしれませんね。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です